がん保険の賢い選び方

がん保険は万が一がんと告知された場合、がん治療に専念するためにがんと診断されたらがん診断給付金、入院したらがん入院給付金、がんで通院したらがん通院給付金、がんで手術したらがん手術給付金などがん治療に専念するために経済的な後ろ盾ががん保険なのです。がん保険の選び方も参考にしてください。

医者を探すのは大変

病院側は、医者を探すのに必死になっています。
大学側からあっせんされる医師だけでは不足し、
医師を斡旋する会社に頼む例が最近では多いと聞きます。

200床くらいの病院で年間あ1,000万円以上の斡旋料を支払うといいます。
医師2〜3人

それだけ支払っても病院としてはペイできるんですね。

それだけでは将来の医師の確保が難しいから、
ウェブサイトを本格的に作成し、転職に興味のある医師に診てもらうためだそうです。

大変な時代になってきてるものですね。

| 医療

がん保険必要ですか?

がん保険を考える


あなたはがん保険必要と思いますか?

こんな質問にあなたはどのように答えますか?

必要と答えたあなたに

では、がん保険の保障の中で何を重要視しますか?

1.入院保険金
2.通院保険金
3.手術保険金
4.診断給付金
5.抗がん剤特約
6.先進医療特約
7.死亡保険金
8.その他

がん保険も時代とともに保障の内容が変わってきています。

昔は、入院と死亡、
今では、癌と闘えるための後ろ盾として経済的な費用をがん保険で備える。



では、あなたが癌に罹患したら、
どのような行動を取りますか?

外科手術、抗がん剤治療、放射線治療を選びますか?

上記を選ぶ方には、がん保険の保障のすべてが必要になります。
健康保険内での治療には限界があり、自由診療に移行する事が多い。
自由診療になると、自己負担は100%です。
とてもじゃないですが、預貯金で賄えるような額ではありません。

ですので、がん保険が必要になります。

一方、上記以外の治療ではいかがでしょうか?

たとえば、癌の食事療法はどうでしょうか?
かなり前から発売されていて、今でもコンスタントに売れているマニュアルがあります。
そのマニュアルの値段は、3万円でお釣りがあります。

食材などは、あなたの近くで入手できるものばかりです。



上記を考えると、がん保険は不必要になります。

最低限のがん保険を掛けるぐらいか、
診断給付金特約を医療保険に付ける事で事足りる。

がんになったら何が心配?

今日の毎日新聞に、「がんになったら何が心配?」の記事を見つけた。
昔は、がんと聞けば、助からない、死ぬしかないと考えていたが
現在では、がんは治る病気との認識が見られる。

重粒子線治療や陽子線治療などの先進医療や身体を切り刻まなくてもできる手術など様々な治療方法がどんどん出てきている。

現在では、がんで死んでしまうというより、癌に罹患すると、治療費が心配との声が多い。

がん保険では、今では、先進医療特約は当たり前で、東京海上日動あんしん生命では、抗がん剤特約まで開発している。

そして、がんに罹ったとしても、あわてない。専門医、専門病院を探す。
もちろん、あなたに合った機関や医師を探す。
そして、治療方法も探す。

死亡保障より生きるための保険が流行?

最近では死亡保障つまり遺族保障より自分達が生きて行くために保険の加入が増えています。つまり、終身保険よりも医療保険やがん保険の加入者が増えていると言うことです。

でも、良く考えてみてください。

公的年金制度を考えたことありますか?
日本はますます少子高齢化社会に向かっているのです。
昔は多くの働く日本人が年金を受け取る人達を支えていた。
が、今では働く人と年金を受け取る人の割合が大きく変わってきている。

公的年金の受け取り額がどんどん減らされて行きます。
年金額が減らされると言うことは遺族年金も減らされると言うこととなり、生命保険で言う死亡保障も大切だと考えます。

人間1人1人にライフプランの策定が必要だと考えます。

そこで少々おせっかいですが、目的と商品を上げて行きます。

遺族保障には、終身保険や定期保険
年金には、終身保険や年金保険または401k
医療保障には、医療保険やがん保険が良いのでは。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。